職歴

  • 2019.04.18 Thursday
  • 22:47

最近、自分のこれまでを振り返る機会があったのですが

思い返してみると、いろんな職業についたなぁと。

 

けっこういろんな職種を経験しました。

 

そしてそれは経験値として自分のなかにちゃんと蓄積されてたんだなーと。

 

例えば。

 

旅館の仲居さん

 

この仕事ではコミュニーケーションスキルがつきました。

 

旅館には、毎日全国各地から様々な年代の老若男女がいらっしゃいます。

 

わたしは基本的に部屋付きが多かったので、到着から就寝されるまでの間、担当のお部屋のお客さんをおもてなししていました。

お部屋までご案内しながら施設・食事の説明、部屋出しの夕食の用意・給仕・お片づけ、布団敷き。

つかず離れずの距離でお客さんに快適な滞在を楽しんでもらうために気配りします。

 

このつかず離れずが、意外にむずかしいんですねぇ。

 

こまめに世話して欲しい方、できるだけほっといて欲しい方。

それをいかに早い段階で察知するか。

最初の会話や反応を見て判断するので、観察眼はきたえられました。

 

会話に関しても。

お話好きなお客さんにはある程度ざっくばらんに。

静かに過ごしたいお客さんには最低限の会話で。

 

通常の接客業とは違う、ちょっと密に接することができる仕事なので

気が合うと仲良くなっちゃうこともしばしば。

中にはいまでも年賀状のやり取りをしているお客さんもいたりします。

 

その経験値のおかげで

初めて会ったひととでも、割とすぐうちとけられる んです。

 

たとえば…お片づけ作業にうかがうと、だいたい緊張して迎えてくださいますが

だいたい1時間くらいすると緊張がとけた様子でお話できてたりします。

 

いろいろ経験してみるもんだなぁ、と今になってしみじみ。

 

まだまだほかにもニッチな職業を経験してますので、おいおいお話しようと思いまーす。

 

 

 

 

 

 

ときめき。

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 11:27

まだまだ募集中【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】4/21(日) 

 

昨日はこんまりさん(近藤麻理恵さん)の番組のことを書きました。

 

それ関連、というわけではないけれど

今日たまたま目についた、わたしのときめきコレクションのひとつ。

 

 

ズバリ『ときめくクラゲ図鑑』

まんま過ぎて仕込みか。

 

クラゲが好きです。

あの質感、まるっこい形、てれーんと漂う姿。

 

湘南江の島にある、新江の島水族館(えのすい)にはクラゲの展示室があるのですが

ぼーっとクラゲをただただ見つめてる、ショートヘアの化粧っけのない女がいたらわたしかもしれません。

たまに行くので。

 

クラゲ観賞が『ときめく』というのかどうかは定かではありませんが、見ていて癒されるのはまちがいありません。


この図鑑を買ってきたとき、長男が

「おかあちゃん、そんなにクラゲすきなのー?」

と、意外そうに聞いてきました。

長女も

「おかあちゃんがなんかを好きって言うのって、なんか…なんかおもしろい感じ〜」

って。


そのときに「おかあちゃん、クラゲが好きなんだよ〜」って話した様子が子どもたちには新鮮に思えたらしくて


「おかあちゃんがなんか好きっていうのってなんかいいねぇ」


とか言ってました。


そうか。

だいたいのお母さんって、子どもたちのことばかりで自分の好きとかは後回し。


『お母さん、こういうの好きなんだ〜』


そういう情報って

もしかして子どもにとって必要かも。

お母さんのことがわかるってことですもんね。


たまには自分の好きなことやモノ、伝えてみてもいいかもしれません。


ああ。

でも『宝石!』とかはやめときましょうね〜。

生々しいから(笑)











 

モノの片づけだけじゃない。

  • 2019.04.15 Monday
  • 10:19

いよいよ今週末開催【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】

 

今朝は鶯が上手にさえずっていました。

燕も子育ての時期になり、姿を見せ始めました。

 

ようやく春めいてきましたねぇ。

 

さて。

昨夜、NHK総合で放送の「こんまりメソッド」特集 女性たちの片づけ現場に一年密着 という番組を観ました。

 

内容はこんまりさん独自の片づけメソッドを実践しているお弟子さん(というのかな)が

片づけられない3人の女性のお宅をそれぞれ片づけるというドキュメンタリー。

 

3人それぞれが片づけられないことに悩み、そんな自分を変えようとしている姿が印象的でした。

 

特にクライアントの女性のひとりが、ぽろぽろ泣きながら玄関の三和土を雑巾でゴシゴシ拭く場面。

『今まで気にすることもなく毎日踏んでどろどろにしてきた三和土に申し訳ない』と

一心に拭きあげていく姿は、いままで見ないふりをしてきた自分自身の苦しみにも向き合っているようで胸を打たれました。

 

お片づけは単にモノを片づけるだけではありません。

 

思い出の詰まった大切なモノたち。

自分がためてきた、見て見ないふりをしてきたモノたち。

 

それらを通じて自分の過去と向き合う作業なんです。

 

そして、それをひとりでやるのはみなさんが想像する以上に

かなりの気力体力を必要とします。

で、だいたい道半ばで力尽きると。

 

そんなときには、わたしたちのようなお片づけのプロの出番なんです。

 

モノも情報も玉石混合で氾濫しているこの時代、自分に必要なものだけを選び取り判断するのは至難の業。

 

『もう何をどうしていいのかわかんない〜!』

そんなお片づけで悩んでいるあなたの横にビッタリ張り付いて寄り添ってサポートします。

 

 

『主婦なのにお片づけを外注するなんて、なんて言われるか・・・』

 

気持ちはわかります。

でも、今のまま散らかった部屋でもやもやして過ごしますか?

 

わたしがお片づけカウンセラーになったのは

そんなもやもやをぶわーっと吹き飛ばしたいと思ったからです。

 

だってもやもや吹き飛んだあとの、あの晴れやかな顔ったら!

 

それを見たいがためにこの仕事をやっていると言っても過言ではないです。

 

悩んでいるそこのアナタ、そうアナタ。

思い切ってお片づけのプロ、呼んでみませんか。

 

あ、ひとつ気をつけていただきたいのが。

 

自分にあったプロを見つけること。

 

ブログやHPをチェックすると、その人柄や得意なジャンルがだいたいわかりますよね。

 

・自分の趣味に合いそう

・自分の理想に近い暮らしをしている

・このひととなら楽しく作業できそう(←実はコレ重要だと思う)

 

きっとアナタにぴったりのプロがいると思います。

 

そしてあとは・・・

 

連絡先をポチっとするだけ!

 

勇気を出したあなたには、きっともやもやぶわーっが待っていることでしょう。

 

 

って。

わたし、書いてて気づいた。

 

いままで、自分の連絡先を記載してなかった〜!

 

というわけで。

もしご質問、ご依頼、ご意見などございましたら mashikaku.daisuki☆gmail.com (☆を@に変えてください) までご連絡くださいませ〜。

 

今日はちょっと長くなりました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

明日は我が身。

  • 2019.04.11 Thursday
  • 09:25

募集中【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】

 

昨日は寒かったですね!

各地で積雪のニュースもありましたが、丹沢山系の山頂付近も白くなってました。
薪ストーブもまだ稼働、なかなか片づけができません〜。
今日はちょっと防犯について小ネタを。
我が家、昨年の10月に車を買い替えました。
今までの車はキーを差し込みエンジンをかけるタイプだったのですが
新しい車はスマートキーでエンジンプッシュスタート式になりました。
鍵を差し込まなくても、ブレーキペダルを踏みこんでエンジンスタートボタンを押すとエンジンがかかります。
ポケットやカバンにスマートキーをいれておけばいいので、出し入れしたり探したりする手間もなく便利。
なんちゅう便利なんだ・・・
なんですが、このスマートキーの車
盗難にあう可能性があるんです。
リレーアタックという手法で、スマートキーの特性を利用した新しい盗難方法だそうです。
スマートキーは半径1mしか届かない電波を常に出しています。
車に近づきドアノブを触るとキーの有無を車が認識してドアの解錠ができる仕組みです。

 

その常に出ている電波を違法な中継器で増幅して受信機に飛ばし、スマートキーから出ている電波と同じ電波を受信機から出してド

アを解錠し、エンジン始動までできてしまう!

エンジンが始動してしまえばそのまま自走で盗まれてしまいます。

 

中継器や受信機は海外のオークションなどで20ドル程度(おおよそ2200円)で販売されており、手軽に入手できてしまう事からもこのリレーアタックが横行しているそう。

リレーアタックは買い物など外出先で狙われることも多いとニュースなどで報道されていますが、在宅中も外から電波を受信できてしまったら簡単にエンジン始動までができてしまいます。

 

ということは・・・

玄関に車のキーを置いている方は要注意です!

 

ほとんどのお宅では玄関に車のキーを置いているのではと思います。

 

でも。

 

『うちの周りは治安いいし、そんな話聞かないから大丈夫じゃない?』

『うちの車盗まれるようないい車じゃないし〜』

 

そう思ってるかたがほとんどではないでしょうか。

 

しかしですね。

自分だけは大丈夫!っていうのにはなんの保証もないと思うんです〜。

 

災害や事故だって、いつなにが起こるかわかんない。

明日は我が身です。

 

『んじゃ、リレーアタックでの盗難防止対策はあるの?』

 

あります、しかもめちゃカンタン。

 

お菓子の入っていた缶などにいれておく

 

こんだけ。

 

常に出ている電波を遮断することで、電波を拾われないようにできるそうです。

 

なので、このニュースを聞いてすぐ100均ショップへ行きコチラ購入しました↓

(缶とかすぐ捨てちゃうのでうちになかった)

 

フタの開け閉めがワンアクションで済むように、ぱかっと開けるタイプに。

(毎日のことなので、なるべく負担のないような仕組みにするのも重要ポイント)

 

たった108円で大事な車を守れる。

 

小さな工夫で大きな安心、です。

 

 

 

テレビルール、改定。

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 16:04

募集中【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】

 

我が家ではテレビ観賞に関してルールがあります。

 

こちら参照→

 

これまでは週3日、(木)30分(土)(日)は 1時間だったのですが。

 

・木曜は習い事を始めたため、観る時間がなくなった。

・土日に出かけるとテレビ観る時間がない。

 

そこで子どもたちから要望がでました。

・木曜観られないなら金曜に観たい。

・土日観られない分は損してる!(観られなかった分を翌週に繰り越しはできないルール)

 

そこで夫と相談し、新たなルール チケット制 にしてみることにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・1回で使える枚数の限度は4枚。

(2時間以上続けてみるのはNG)

・すきな時に観ることができる。

(例:平日毎日30分ずつ観る、平日どっかで30分観て土曜に2時間観る)

・有効期間は1週間、次週に繰り越しはできない。

(残ったチケットは日曜夜に回収)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

子どもたちに説明すると『好きなときに観られるし、それでおっけー!』と納得。

 

このシステム。

実は同時に先を見通して計画をたてる練習になるかなと思います。

 

例えば・・・

土日に出かけることがわかっていたら平日にこまめに観ることにしたり

観たい映画があるときは30分と2時間に分けて観るようにしたり

 

と、二人で考えてチケットを使うようになる。

 

限られたものを有効に使うスキルはこれからたくさん必要になってくるので

ちょうどいいかもしれません。

 

あと口であれこれ言うより、こういう↓アイテムにしたほうが

子どもたちもイメージしやすかったみたいです。

 

 

ラミネーターなしで、粘着シートで簡単にラミネートできるのを発見。

ちょっとそっけない感じになっちゃったので、地元愛あふれるマステ貼ってみました。

 

さてさて、うまく機能するかな〜。