モノの片づけだけじゃない。

  • 2019.04.15 Monday
  • 10:19

いよいよ今週末開催【親・子の片づけインストラクター2級認定講座】

 

今朝は鶯が上手にさえずっていました。

燕も子育ての時期になり、姿を見せ始めました。

 

ようやく春めいてきましたねぇ。

 

さて。

昨夜、NHK総合で放送の「こんまりメソッド」特集 女性たちの片づけ現場に一年密着 という番組を観ました。

 

内容はこんまりさん独自の片づけメソッドを実践しているお弟子さん(というのかな)が

片づけられない3人の女性のお宅をそれぞれ片づけるというドキュメンタリー。

 

3人それぞれが片づけられないことに悩み、そんな自分を変えようとしている姿が印象的でした。

 

特にクライアントの女性のひとりが、ぽろぽろ泣きながら玄関の三和土を雑巾でゴシゴシ拭く場面。

『今まで気にすることもなく毎日踏んでどろどろにしてきた三和土に申し訳ない』と

一心に拭きあげていく姿は、いままで見ないふりをしてきた自分自身の苦しみにも向き合っているようで胸を打たれました。

 

お片づけは単にモノを片づけるだけではありません。

 

思い出の詰まった大切なモノたち。

自分がためてきた、見て見ないふりをしてきたモノたち。

 

それらを通じて自分の過去と向き合う作業なんです。

 

そして、それをひとりでやるのはみなさんが想像する以上に

かなりの気力体力を必要とします。

で、だいたい道半ばで力尽きると。

 

そんなときには、わたしたちのようなお片づけのプロの出番なんです。

 

モノも情報も玉石混合で氾濫しているこの時代、自分に必要なものだけを選び取り判断するのは至難の業。

 

『もう何をどうしていいのかわかんない〜!』

そんなお片づけで悩んでいるあなたの横にビッタリ張り付いて寄り添ってサポートします。

 

 

『主婦なのにお片づけを外注するなんて、なんて言われるか・・・』

 

気持ちはわかります。

でも、今のまま散らかった部屋でもやもやして過ごしますか?

 

わたしがお片づけカウンセラーになったのは

そんなもやもやをぶわーっと吹き飛ばしたいと思ったからです。

 

だってもやもや吹き飛んだあとの、あの晴れやかな顔ったら!

 

それを見たいがためにこの仕事をやっていると言っても過言ではないです。

 

悩んでいるそこのアナタ、そうアナタ。

思い切ってお片づけのプロ、呼んでみませんか。

 

あ、ひとつ気をつけていただきたいのが。

 

自分にあったプロを見つけること。

 

ブログやHPをチェックすると、その人柄や得意なジャンルがだいたいわかりますよね。

 

・自分の趣味に合いそう

・自分の理想に近い暮らしをしている

・このひととなら楽しく作業できそう(←実はコレ重要だと思う)

 

きっとアナタにぴったりのプロがいると思います。

 

そしてあとは・・・

 

連絡先をポチっとするだけ!

 

勇気を出したあなたには、きっともやもやぶわーっが待っていることでしょう。

 

 

って。

わたし、書いてて気づいた。

 

いままで、自分の連絡先を記載してなかった〜!

 

というわけで。

もしご質問、ご依頼、ご意見などございましたら mashikaku.daisuki☆gmail.com (☆を@に変えてください) までご連絡くださいませ〜。

 

今日はちょっと長くなりました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。