職歴

  • 2019.04.18 Thursday
  • 22:47

最近、自分のこれまでを振り返る機会があったのですが

思い返してみると、いろんな職業についたなぁと。

 

けっこういろんな職種を経験しました。

 

そしてそれは経験値として自分のなかにちゃんと蓄積されてたんだなーと。

 

例えば。

 

旅館の仲居さん

 

この仕事ではコミュニーケーションスキルがつきました。

 

旅館には、毎日全国各地から様々な年代の老若男女がいらっしゃいます。

 

わたしは基本的に部屋付きが多かったので、到着から就寝されるまでの間、担当のお部屋のお客さんをおもてなししていました。

お部屋までご案内しながら施設・食事の説明、部屋出しの夕食の用意・給仕・お片づけ、布団敷き。

つかず離れずの距離でお客さんに快適な滞在を楽しんでもらうために気配りします。

 

このつかず離れずが、意外にむずかしいんですねぇ。

 

こまめに世話して欲しい方、できるだけほっといて欲しい方。

それをいかに早い段階で察知するか。

最初の会話や反応を見て判断するので、観察眼はきたえられました。

 

会話に関しても。

お話好きなお客さんにはある程度ざっくばらんに。

静かに過ごしたいお客さんには最低限の会話で。

 

通常の接客業とは違う、ちょっと密に接することができる仕事なので

気が合うと仲良くなっちゃうこともしばしば。

中にはいまでも年賀状のやり取りをしているお客さんもいたりします。

 

その経験値のおかげで

初めて会ったひととでも、割とすぐうちとけられる んです。

 

たとえば…お片づけ作業にうかがうと、だいたい緊張して迎えてくださいますが

だいたい1時間くらいすると緊張がとけた様子でお話できてたりします。

 

いろいろ経験してみるもんだなぁ、と今になってしみじみ。

 

まだまだほかにもニッチな職業を経験してますので、おいおいお話しようと思いまーす。