物が多いけど片づいてる。

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 18:10

きのうは長男(小2)のお友達がお母さんと遊びに来てくれました。

 

うちの子は電車でちょっと離れた学校に通っているので

普段は同級生と遊ぶ機会がありません。

 

だもんで、遊びきてくれることになって大喜びの長男。

 

朝起きた瞬間から

 

『なんじにくる?』

『もうでたかな・・・』

『今どこかな、こうそくかな』

 

とソワソワソワソワ・・・

 

ついにきてくれた友達迎えて

よだれでそうなほど喜んでました。

 

お母さんはわたしの仕事を知っていたので

『今日は収納見せてもらいにきたわ〜!』と(笑)

 

というわけで、子どもたちが遊んでいる間、我が家をご案内〜。

 

あちこち見て回っていると、

『ねぇねぇ・・・実はもの多くない!?』と意外そうに聞かれました。

 

そう。

うち、ものは多いほうみたいなのです。

 

食器、本、マンガ、登山用品、趣味用品がそれぞれそれなりの量がある

 

『なのになんでこんなにスッキリしてんの〜!?』と感心されました。

 

ふふふ・・・

それは、入れるものを想定して収納を熟考したから!

 

収納自体はそんなにない我が家。

 

数はないけど、収納するものに合わせた仕様にしているので

無駄なくものを収納できるようになっています。

 

とりあえず収納たくさん造っとこう。

スペース空いてるからここも収納にしよう。

 

注文住宅で設計のときのあるあるだと思います。

 

でも

中途半端なスペースだと、かえって何をしまったらいいのか悩んだり。

しまったはいいけど取り出しにくかったりで使いづらかったり。

 

必ずしも、収納は多ければ多いほど良いというわけではないと思います。

 

大事なのは何をしまう収納なのか。

 

その場所で何をするのか。

その時に使うものが取り出しやすく収納できるのか。

 

『本当に使いやすいのは

そんな日々の生活を想像しながら考えた収納なんだよ〜。』

 

と、子どもそっちのけで熱く語り、

あやうく自宅セミナーの様相になるところでした。

 

そのあとはお得意のたこ焼きパーティでおもてなし。

 

『今度は川遊びしようね〜』と約束してさようならしました。

 

帰りの車で

『いえ、きれいだったね!ひろかったね!』と言ってくれてたそうで

『うちも片づけなきゃ・・・いざとなったらお願い!』とLINEが。

 

やっぱり子どももきれいなほうがいいんだねぇ。

がんばれ、Kちゃん!困ったらいつでも呼んどくれ〜(笑)