林間学校の荷造り、コツ。

  • 2019.07.15 Monday
  • 21:15

ただいま募集中!

【ファミ片公式ワークショップ】

お片づけ大さくせん!

8月11日㈰ 9:00〜11:30

@二宮生涯学習センター ラディアン

 

ことしの夏休み、きみもお片づけ名人に!

お片づけのプロにやり方を教われば

新学期のスタートもスムーズ! 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週は長男(小2)の林間合宿でしたが

今日からは長女(小6)が3泊4日の林間学校に行きます。

 

ふたりとも事前準備を早めにしておかないと

落ち着かないタイプなので7月入ってすぐに

荷物を準備し始めていました。

 

そして今日、持っていくものを部屋に広げ最終チェック。

 

全部用意できたら呼んでねー、と一声かけてから5分後・・・

 

『できたよ〜』

 

どれどれ・・・おお〜↓

なかなかきれいに並べてある。

 

さて次はこれをまとめてしまいやすくする作業。

 

 コチラを使います↓

ダイソーなどで売っている

『スライダー付きナイロンバック』

 

サイズはA4、B5が使いやすいです。

こちらに使用目的別種類別に詰めていきます。

 

このように↓

・寒いときに着る服

・登山用衣類

・4日分の着替え

・食器類 などなど

 

 

さて、前回のブログ

『もうひとつ大事なポイントがあります』

と書きました。

 

それは

 

仕分けしたものは自分でナイロンバッグに詰める

です。

 

なぜならば

行きはヨイヨイ、帰りはコワイ

だから。

 

よく、行きはきっちり詰めてあげたのに

帰ってきたらリュックに入りきらない荷物を手に持っていた

なんてことないですか?

 

それはたぶん、出したものをナイロンバッグに戻すとき

大人が詰めたように詰められなかったから

ではないかと思います。

 

大人だとある程度きっちり詰められるから

ギリギリのサイズのナイロンバックでも大丈夫だけど

それだと、子どもにはちょっとハードル高くなる。

 

余裕があるナイロンバッグにしたほうが詰めやすいです。

 

なので、詰める荷物が用意できたら

全部自分で詰めてみてもらうといいです。

 

そうすると

入れにくそうなところがわかります。

 

こんなふうにいろいろとコツがわかってくれば

ちょっとずつ自分で準備できるようになると思います。

 

今回のような合宿の持ち物だけではなく、

家の収納などもおなじことが言えますね。

 

子どもたちが使いにくそうにしていたり

片づけにくそうにしていたら

どうしたらやりやすいのかを

子供と一緒に見直してみてはいかがでしょう。